カタログ:カテゴリー別表示

件ずつ

雑誌・機関誌

52 件中(1 〜 20)件を表示

575 - モダンリビング特別編集 建築家の自邸50

株式会社ハースト婦人画報社 2021年 273P

『モダンリビング』は戦後6年目の1951年に創刊、今年70周年を迎えました。創刊号の表紙タイトルは「どんな家を設計するか」――。復興の真只中、まだ建築家という職業が一般的でない時代に建築家と一緒に日本のこれからの家づくりを考えていこうとしたのです。以来ずっと、「新しい生活を創る、新しい住居」という一貫したテーマで、豊かな住まいのあり方を提案し続けてきました。建築家の自邸も多く取り上げています。50年代から池辺 陽、清家 清、増沢 殉といった日本の建築界を牽引した先人たちの自邸を誌上で分析。MLの長い歴史の中で彼らが追求してきたことは、その時代が抱えていた街づくりも含めた住空間の課題を、さまざまな挑戦をいとわず、自らの家を舞台として快適な暮らしのための道筋を切り開くことだったのです。この1冊には50人(組)50通りの実に多くの試行錯誤や情熱、哲学、そして思考が詰まっています。

小誌過去号で掲載したものに加え、新たに取材した最新の事例(36軒)、藤森照信さんが選んだ日本の住宅史に残る事例(14軒)、計50軒の「建築家の自邸」を厳選しました。(株式会社ハースト婦人画報社ウェブサイトより)

2,273円/ 税込価格 2,500円

574 - モダンリビング 2021年5月号 No.256

株式会社ハースト婦人画報社 2021年 235P

『モダンリビング』創刊70周年――。この創刊記念号にふさわしい特集として、編集部が選んだのが「建築家の自邸」です。家づくりのプロが自らの暮らしの場に表現するのは、既存の住宅への批判も含めた、これまでにない住まいの在り方。斬新な間取りやデザイン、素材使いゆえに、現在では受け入れにくいものもあるでしょう。しかし同時に、十人十色の試みはこれから求められる家づくりの礎でもあるのです。(株式会社ハースト婦人画報社ウェブサイトより)

1,682円/ 税込価格 1,850円

568 - 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 第5号

岡啓輔 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 編集部 2023年 A5 60P

発行 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 編集部
〒108-0073 東京都港区三田4-15 蟻鱒鳶ル内

執筆 岡啓輔、潮上聡史、KiMiMi/大野ミチル慎矢、馬野ミキ、関根正幸、きむらなお、アリマタカシ
編集 木村奈緒
題字 岡啓輔
レタリング:萩小田大我
写真 岡啓輔、馬野ミキ、関根正幸、アリマタカシ
印刷 株式会社グラフィック

545円/ 税込価格 600円

567 - 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 第4号

岡啓輔 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 編集部 2023年 A5 60P

発行 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 編集部
〒108-0073 東京都港区三田4-15 蟻鱒鳶ル内

執筆 岡啓輔、後藤宙、夏掘陽一、馬野ミキ、関根正幸、潮上聡史、KiMiMi/大野ミチル慎矢、アリマタカシ
編集 木村奈緒
題字 岡啓輔
写真 大野ミチル慎矢(表紙、2〜3、59頁)、後藤宙(9頁)、岡啓輔(14〜17、37頁)、夏堀陽一(15頁)、アリマタカシ(49、54頁)、関根正幸(24〜27、29〜30、32〜33頁)
印刷 株式会社グラフィック

545円/ 税込価格 600円

566 - 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 第3号

岡啓輔 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 編集部 2023年 A5 60P

発行 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 編集部
〒108-0073 東京都港区三田4-15 蟻鱒鳶ル内

執筆 岡啓輔、関根正幸、夏掘陽一、藤下彩、豊島彩花、馬野ミキ、潮上聡史、KiMiMi/大野ミチル慎矢、アリマタカシ
編集 木村奈緒
題字 岡啓輔
写真 関根正幸(表紙、6〜11頁)、夏堀陽一(16、21頁)、藤下彩(23頁)、豊島彩花(27頁)、馬野ミキ(35頁)、木村奈緒(39、59頁)、アリマタカシ(49、57頁)
印刷 株式会社グラフィック

545円/ 税込価格 600円

556 - 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 第0号

岡啓輔 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 編集部 2022年 A5 60P

岡啓輔
月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 第0号
2022年12月26日 初版発行

発行 月刊 蟻鱒鳶ル売り鱒 編集部
〒108-0073 東京都港区三田4-15 蟻鱒鳶ル内

執筆 岡啓輔、はやしごうへい、アリマタカシ
編集 木村奈緒
題字 岡啓輔
写真 大野慎矢(4・5頁)、木村奈緒(47・53頁)、岡啓輔(その他)
印刷 株式会社グラフィック

545円/ 税込価格 600円

526 - 瀧口修造研究会会報『橄欖』第5号

瀧口修造研究会 2021年 22.5×15.2cm 175P

執筆者は掲載順に、石原輝雄、伊勢功治、永井敦子、清家克久、岩崎美弥子、藤澤顕子、高島夏代、今村雅江、山口馨、尾山景子、三谷風子、霧山深、宮井徹、高橋修宏、土渕信彦

SOLD OUT

430 - 『詩と音楽のための 洪水』 第10号 〜spiralviews:瀧口修造残像3

洪水企画 発行 2012年 25.7x18.2cm 148P

目次(抄)
spiralviews:瀧口修造残像3
 ・執筆 土渕信彦、空閑俊憲、林浩平、岩佐美弥子

SOLD OUT

429 - 『詩と音楽のための 洪水』 第9号 〜spiralviews:瀧口修造残像2

洪水企画 発行 2012年 25.7x18.2cm 120P

目次(抄)
spiralviews:瀧口修造残像2
 ・執筆 馬場駿吉、土渕信彦、岩佐美弥子

SOLD OUT

428 - 『詩と音楽のための 洪水』 第8号 〜spiralviews:瀧口修造残像

洪水企画 発行 2011年 25.7x18.2cm 144P

目次(抄)
spiralviews:瀧口修造残像
 ・執筆 馬場駿吉、土渕信彦、空閑俊憲、林浩平

SOLD OUT

427 - 『詩と音楽のための 洪水』 第7号 〜特集:瀧口修造の息吹

洪水企画 発行 2011年 25.7x18.2cm 116P

目次(抄)
特集:瀧口修造の息吹
 ・文&語り 加納光於
 ・インタビュー 湯浅譲二
 ・発言&執筆 土渕信彦、岩崎美弥子、松井茂
 ・論考 馬場駿吉、林浩平、萩野恭一

SOLD OUT

426 - 『詩と音楽のための 洪水』 第6号 〜特別企画:瀧口修造への小径

洪水企画 発行 2010年 25.7x18.2cm 116P

目次(抄)
特別企画:瀧口修造への小径
 ・座談会 岡崎和郎+空閑俊憲
 ・論考 土渕信彦、岩崎美弥子

SOLD OUT

396 - 『アサヒグラフ別冊 美術特集松本竣介』1983年秋号

朝日新聞社 発行 1983年 32.8x25.7cm 98P

目次:
・図版
・生きている画家、松本竣介 朝日晃
・松本竣介・禎子夫妻のこと 木村秀政
・完成と挫折 舟越保武
・画集のなかの松本竣介 麻生三郎
・アルバム・年譜

2,000円/ 税込価格 2,200円

333 - GA JAPAN 14 1995年5-6月

磯崎新、鈴木博之、伊東豊雄 他 ADAエディタトーキョー 1995年 30.0×22.8cm 207P

磯崎新「豊の国情報ライブラリー」

柳澤孝彦「東京都現代美術館」、渡辺豊和「加茂町文化ホール」他

SOLD OUT

324 - GA JAPAN 29.1997年11-12月

磯崎新、鈴木忠士、小池一子 他 ADAエディタトーキョー 1997年 30.0×22.8cm 180P

磯崎新「静岡県舞台芸術センター」

作品紹介:I・M・ペイ 、高橋靗一、長谷川逸子、特集=GA JAPAN センバツ’97−18人の建築家による最新プロジェクト(シーラカンス、竹山聖、隈研吾、渡辺誠 他)

SOLD OUT

305 - 別冊新建築「鹿島建設・建築設計本部」

磯崎新 他 新建築社 1989年 29.7×22.2cm 296P

対談:磯崎新×鹿島昭一「国際化時代に対応するデザイン・ファーム」

1989年9月発行:日本現代建築家シリーズ14、定価:4000円、中川武、松葉一清、長谷川尭、他。作品紹介:八重洲ブックセンター、鹿島建設本社Iビル、長谷川美術館、栗田美術館、座談会:カジマ・デザイン・ファームを語る、

SOLD OUT

304 - 新建築 1992年3月

磯崎新 他 新建築社 1992年 29.7×22.2cm 424P

磯崎新アトリエ「マルタン本社ビル」、日本大学理工学部連続公開講座「都市」(フジタ・都市講座、モデュレーター・磯崎新)の告知広告/伊東豊雄、レオン・クリエ、レム・コールハース、ダニエル・リーベスキント、他

作品紹介/高松伸、隅研吾、室伏次郎、若林広幸、他

SOLD OUT

303 - 美術手帖1998年5月 特集-美術館の建築

磯崎新、安藤忠雄 他 美術出版社 1998年 21×15cm 278P

美術館の建築・インタビュー/安藤忠雄+磯崎新+黒川紀章+谷口吉生

話題の新美術館グッゲンハイム美術館ビルバオ+ゲティ・センターほか、
ピーター・ハリー、菊畑茂久馬、菅木志雄、巌谷國士(土方巽論)

SOLD OUT

302 - 建築雑誌No.1389 特集/現代素材とフォルムデザイン

磯崎新 槙文彦 伊東豊雄 北川原温他 日本建築学会 1996年 29.7×22.2cm 157P

磯崎新:インタビュー「素材と理念 アヴェイラブルであることの可能性」聞き手・赤坂喜顕、

建築雑誌1996年5月、11ページ鉛筆と色鉛筆の線引きあり。磯崎新、槙文彦、伊東豊雄、北川原温らへの素材とデザインに関するインタビューにくわえ現代素材論、今日の新素材に関するレポートなどを収載

SOLD OUT

301 - 建築文化 No.407.1980年9月

磯崎新 他 彰国社 1980年 30.5×23.1cm 198P

鼎談:磯崎新・大江健三郎・原広司「言葉と空間のブリコラージュ」

八束はじめ「建築の中の都市供廖∈酩幣匆陝刃山儺款罅峩盡教福岡高宮教会」、谷口吉生・高宮真介「北塩原村役場・コミュニティセンター」、象設計集団「PL教団仙台中央教会」、

SOLD OUT