カタログ:カテゴリー別表示

件ずつ

画集・展覧会図録

185 件中(1 〜 20)件を表示

505 - 『Exhibition 葉栗剛展 Haguri Takeshi Exhibition』図録

ときの忘れもの 2019年 A5 24P

1573629138118.jpg

表紙

『ART MIAMI 2019 葉栗剛展』
(2019年12月3日〜12月8日 )に際して作成。

執筆:山下裕二(明治学院大学教授)
図版:約12点掲載
編集:尾立麗子(ときの忘れもの)、新澤悠(ときの忘れもの)
デザイン:岡本一宣デザイン事務所
翻訳:Miller Waku

ART MIAMI 2019 において出品した葉栗剛の作品と葉栗剛の年譜を収録。全文日英2か国語。

500円/ 税込価格 550円

503 - 「松本竣介と『雜記帳』」展図録

ときの忘れもの 2019年 B5 44P

「松本竣介と『雜記帳』」展
(2019年10月8日〜10月26日 )に際して作成。

執筆:小松崎拓男(美術評論家、文教大学非常勤講師)
図版:約27点掲載
編集:尾立麗子(ときの忘れもの)
デザイン:岡本一宣デザイン事務所
フルカラー

松本竣介が編集した『雜記帳』1巻から14巻の表紙、目次を収録。松本竣介をはじめ、『雜記帳』に挿絵を寄稿した恩地孝四郎、福沢一郎、海老原喜之助、難波田龍起、鶴岡政男、桂ゆきの作品を収録。

1,000円/ 税込価格 1,100円

497 - 〈フランク・ロイド・ライト建築透視図集 第3巻〉ポートフォリオ

A.D.A. EDITA Tokyo Co.,Ltd. 1982年 52.5×38.5cm 50P

〈フランク・ロイド・ライト建築透視図集 第3巻〉ポートフォリオ
 日本版限定400部(番号入り B001-B400)
 1982年7月5日発行
 企画:二川幸夫
 編集:A.D.A. EDITA Tokyo/The Frank Lloyd Wright Foundation
 序文:オルギヴァナ・ロイド・ライト,翻訳:横山正
 デザイン:細谷巌
 発行者:二川幸夫
 発行:A.D.A. EDITA Tokyo Co.,Ltd.
 印刷:野崎印刷紙業株式会社,製帙:長沢紙化工業株式会社

50,000円/ 税込価格 55,000円

494 - 『生誕100年 松本竣介展』図録

NHKプラネット東北、NHKプロモーション 2012年 26.5x19.5cm 414P

目次(抄):
・作品編
 第I章 前期
 第II章 後期:人物
 第III章 後期:風景
 第IV章 展開期
・資料編(1)
・論考編
 松本竣介の生涯と作品―素描作品を交えながら 加藤俊明
 自彊の画家・松本竣介 有川幾夫
 廃墟に立っている。―松本竣介の1940年代 水沢勉
 松本竣介のカルトン 加藤恵子
 線の行方―松本竣介と「童画」 長門佐季
 ブッキッシュな竣介像―松本竣介の本・雑誌の仕事について 柳原一徳
 宮沢賢治は有り難い人だ 原田光
 墓参記―松本竣介にふれて 酒井忠康
・資料編(2)
・年譜
・展覧会出品記録
・文献目録
・出品作品目録
・出品資料目録

編集:岩手県立美術館(加藤俊明、濱淵真弓)
神奈川県立美術館(水沢勉、長門佐季)
宮城県美術館(加野恵子、和田浩一)
島根県立美術館(柳原一徳、帯刀菜緒)
世田谷美術館(杉山悦子、小金沢智)
NHKプラネット東北
NHKプロモーション

翻訳:小川紀久子
校閲:岩田高明
デザイン:梯耕治
制作:印象社
印刷:光村図書印刷
発行:NHKプラネット東北、(C)2012

5,000円/ 税込価格 5,500円

493 - 松本竣介没後70年・大川美術館開館30周年記念企画vol.3『松本竣介 子どもの時間』展カタログ

公益財団法人 大川美術館 2019年 B5変型 120P

■カタログ内容
序論 子どもの時間  田中 淳
父・竣介からの手紙  松本 莞
父の親友 未盛千枝子
子供の描く絵 奈良美智
K家族北関東の育児事情 片山真理

[図版]
第1章 子どものイメージ
第2章 構図「素朴な感覚」と「純粋な効果」
第3章 莞宛書簡


[資料篇]
・松本竣介 略年譜
・出品リスト

1,545円/ 税込価格 1,700円

492 - 『第28回 瑛九展』図録

ときの忘れもの 2019年 25.7×17.2 36P

1552636116154.jpg

表紙

「第28回 瑛九展」
会期=2019年3月27日(水)〜31日(日)
(ART BASEL HONG KONG 2019)

執筆:大谷省吾(東京国立近代美術館美術課長)
図版:約44点掲載
編集:尾立麗子(ときの忘れもの)
デザイン:岡本一宣デザイン事務所
翻訳:Polly Barton、勝見美生(ときの忘れもの)

海外における瑛九の初個展、『第28回 瑛九展』。この個展での出品作品17点のほか、ときの忘れもので開催してきた瑛九の企画展のアーカイブ27点を収録。全文日英2か国語。

800円/ 税込価格 880円

489 - 松本竣介没後70年・大川美術館開館30周年記念企画vol.2『松本竣介 読書の時間』展カタログ

公益財団法人 大川美術館 2019年 B5変型 171P

■カタログ内容
序論 読書の時間  田中 淳
竣介の分身 蔵書  松本 莞
内なる神の属性として―松本竣介の本棚  堀江敏幸

[図版]
第1章 イメージとしての女性
     「イメージとしての女性」出品作品リスト
第2章 蔵書
第3章 本の仕事
第4章 スクラップブック
[論稿篇]
・松本竣介の蔵書:未完の読書遍歴
全集・文庫・雑誌など、そしてたとえば三木清 執筆:杉山悦子 
・紙上のアトリエ
松本竣介のスクラップブックから見えてくるもの 執筆:柳原一徳

[資料篇]
・松本竣介 略年譜
・松本竣介 蔵書リスト
・第3章 本の仕事 出品リスト
・第4章 スクラップブックリスト

1,636円/ 税込価格 1,800円

486 - 松本竣介没後70年・大川美術館開館30周年記念企画vol.1『松本竣介 アトリエの時間』展カタログ

公益財団法人 大川美術館 2018年 B5変型 144P

第1章「松本竣介 アトリエの時間」について
第2章「記念展示 竣介のアトリエ再見プロジェクト」について
松本竣介の次男で建築家である松本莞氏、評論家である川本三郎先生からの寄稿も。

1,636円/ 税込価格 1,800円

485 - 『内間安瑆・内間俊子展』図録

ときの忘れもの 発行 2018年 B5変形 24P

「内間安瑆・内間俊子」展
会期:2018年7月17日[火]〜8月10日[金]
会場:ときの忘れもの

フルカラー
図版:50点(安瑆37点 、俊子13点)
テキスト:内間安樹(長男、美術専門弁護士)
デザイン:岡本一宣デザイン事務所

800円/ 税込価格 880円

484 - 『野口琢郎展』図録

ときの忘れもの 発行 2018年 B5変形 24P

「野口琢郎」展
会期:2018年9月20日[木]〜9月29日[土]
会場:ときの忘れもの

フルカラー
作品画像:新作13点+アーカイブ38点
テキスト:島敦彦(金沢21世紀美術館館長)
デザイン:岡本一宣デザイン事務所

800円/ 税込価格 880円

481 - 『没後70年 松本竣介展』図録

ときの忘れもの 発行 2018年 B5判 24P

「没後70年 松本竣介展」
会期:2018年5月8日[火]〜6月2日[土]
会場:ときの忘れもの

フルカラー
テキスト:大谷省吾(東京国立近代美術館美術課長)
作品画像:16点
デザイン:岡本一宣デザイン事務所

800円/ 税込価格 880円

480 - 『舟越直木展』図録

ときの忘れもの 発行 2003年 21.1x14.9cm 8P

図版:モノクロ6点
デザイン:北澤敏彦(DIX-HOUSE)

2003年2月7日〜2月22日に開催した「舟越直木展」の記録集です。

300円/ 税込価格 330円

479 - 『Japan-ness : Architecture et urbanisme au Japon depuis 1945』

2017年 28.6×21.5×3.2cm 342P

編集:Centre Pompidou Metz
ディレクター:Frédéric Migayrou
ページ数:342
言語:フランス語

フランスが世界に誇るポンピドゥセンター、その分館であるポンピドゥ・メスにて2017年9月9日(土)〜2018年1月8日(月)まで開催された、"Japan-ness. Architecture et urbanisme au Japon depuis 1945"のカタログ。
展覧会の内容については、今村創平先生によるブログ記事(2017年10月14日)をご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/tokinowasuremono/archives/53313912.html

6,000円/ 税込価格 6,600円

478 - 『植田正治写真展―光と陰の世界―Part II』図録

ときの忘れもの 発行 2018年 B5判変形 24P

「植田正治写真展―光と陰の世界―Part II」
会期:2018年3月13日[火]―3月31日[土]

図版:18点
執筆:金子隆一(写真史家)
デザイン:岡本一宣デザイン事務所

800円/ 税込価格 880円

472 - 『瀧口修造展 III・IV 瀧口修造とマルセル・デュシャン』図録

ときの忘れもの 発行 2017年 21.5x15.2cm 92P

「瀧口修造展 III 瀧口修造とマルセル・デュシャン」
会期=2014年11月5日[水]―11月22日[土]
会場:ときの忘れもの(南青山)

「瀧口修造展 IV」
会期=2015年10月17日[土]―10月31日[土]
会場:ときの忘れもの(南青山)

テキスト:瀧口修造(再録)、土渕信彦、工藤香澄
ハードカバー
英文併記
デザイン:北澤敏彦
掲載図版:65点

目次(抄):
・Personally Speaking 瀧口修造(再録)
・マルセル・デュシャン語録について 瀧口修造(再録)
・檢眼圖 だれの証拠品、だれが目撃者? 瀧口修造(再録)
・私製草子のための口上 瀧口修造(再録)
・「オブジェの店」を開く構想に関するノート 土渕信彦
・マルセル・デュシャンとマルチプル 工藤香澄

2,500円/ 税込価格 2,750円

471 - 奈良原一高写真集『HUMAN LAND 人間の土地』復刻版

復刊ドットコム 発行 2017年 28.7x23.0cm 176P

ハードカバー
テキスト:福島辰夫、奈良原一高

昭和三十一年(一九五六)、処女個展「人間の土地」によってたちまち写真界に認められた奈良原一高の登場ぶりは、まさに颯爽たるものがあった。問題意識と主題の設定における鮮烈さに人々は眼を見張った。そしてその点において、それまでの写真界に長らく不在だった、新しいタイプのパーソナリティーの出現であることを疑うものはなかった。
…(中略)…彼が「人間の土地」において発見したものは、どのような状況においても人間は生きていけるし生きているということへの、率直な感動であったといってよい。観念としてあった人間の生きる姿を、現実に如実なものとして発見したことの驚きなのであった。この作品はその驚きを隠そうとしない点でも鮮烈だった。
*重森弘庵(自意識の写真・奈良原一高)より

8,000円/ 税込価格 8,800円

469 - 『植田正治写真展―光と陰の世界―Part I』図録

ときの忘れもの 発行 2017年 25.7x18.2cm 36P

「植田正治写真展―光と陰の世界―Part I」
会期:2017年5月13日[土]―5月27日[土]

図版:33点(モノクロ作品14点、カラー作品19点)
執筆:金子隆一(写真史家)
デザイン:北澤敏彦(DIX-HOUSE)

800円/ 税込価格 880円

468 - 『松本竣介と野田英夫―大川美術館収蔵作品を中心に―』展図録

大川美術館 発行 2016年 23.0x18.1cm 65P

2016年に大川美術館で開催された「松本竣介と野田英夫―大川美術館収蔵作品を中心に―」展の図録です。

目次:
・ごあいさつ 寺田勝彦
・野田英夫図版
・松本竣介図版
・野田英夫について
・松本竣介について
・野田英夫略年譜
・松本竣介略年譜
・野田英夫出品リスト
・松本竣介出品リスト

1,500円/ 税込価格 1,650円

467 - 『瑛九 1935-1937 闇の中で「レアル」をさがす』

東京国立近代美術館 2016年 23.8x16.7cm 147P

目次:
・闇の中で「レアル」をさがす
 ― 山田光春旧蔵資料から読み解く 1935-1937年の瑛九 大谷省吾
・ 1935「瑛九」以前の杉田秀夫
・ 1936 杉田秀夫が「瑛九」となるとき ―『眠りの理由』前後
・ 1937 ほんとうの「レアル」をもとめて ―第1回自由美術家協会展への出品前後
・エピローグ その後の瑛九と山田光春
・瑛九 略歴年譜
・出品目録
・資料目録
・瑛九から山田光春への書簡 1935-1937年

1,500円/ 税込価格 1,650円

466 - 『殿敷侃:逆流の生まれるところ』

広島市現代美術館 発行 2017年 25.7x18.7cm 278P

目次:
・序にかえて―殿敷侃についての覚書 寺口淳治
・I 何くそ、こんな絵は…:初期具象からポップアート的絵画へ 1964-1970
・II たたみ込まれた執念:点描と銅版画の実験 1970-1980
・III 上手く描くと忘れ物をする:長門という場所での創作
・VI 埋め尽くすものと、隙間からのぞくもの:反復と集積による表現 1980-1985
・V 逆流する現実:廃材によるインスタレーション 1983-1991
・逆流の生まれるところ 松岡剛
・年譜
・文献リスト
・出品リスト

3,400円/ 税込価格 3,740円