カタログ:カテゴリー別表示

件ずつ

写真・映像

76 件中(1 〜 20)件を表示

467 - 『瑛九 1935-1937 闇の中で「レアル」をさがす』

東京国立近代美術館 2016年 23.8x16.7cm 147P

目次:
・闇の中で「レアル」をさがす
 ― 山田光春旧蔵資料から読み解く 1935-1937年の瑛九 大谷省吾
・ 1935「瑛九」以前の杉田秀夫
・ 1936 杉田秀夫が「瑛九」となるとき ―『眠りの理由』前後
・ 1937 ほんとうの「レアル」をもとめて ―第1回自由美術家協会展への出品前後
・エピローグ その後の瑛九と山田光春
・瑛九 略歴年譜
・出品目録
・資料目録
・瑛九から山田光春への書簡 1935-1937年

1,204円/ 税込価格 1,300円

460 - 石原輝雄 『マン・レイへの写真日記 1975−2012』

銀紙書房 発行 2016年 21.3x15cm 238P

愛子さん、京都の石原さんが欲しがっている。
彼なら大事にするから。―と綿貫さんが伝えてくれたのかしら?
マン・レイに狂ってしまったコレクターが、悲喜こもごもの半生を振り返る。治癒薬の見付からない現代人の病。本書は病例報告であり、「他の人にはお勧め出来ない」と筆者は語る。ブログ未発表を加えての全26編。
(本書帯より)

限定25部

目次(抄):
・アンナ 一九七五年二月京都
・ヴァランティーヌの肖像 一九七七年一二月京都
・青い裸体 一九七八年三月神戸
・ダダメイド 一九八〇年三月神戸
・プリアポスの文鎮 一九八二年八月パリ
・よみがえったマネキン 一九八三年七月大阪
・マン・レイになってしまった人 一九八三年九月京都
・ダニエル画廊 一九八四年九月京都
・エレクトリシテ 一九八六年一二月パリ
・セルポートレイト 一九八六年七月ミラノ
・贈り物 一九八八年二月大阪
・ファシール 一九八九年五月東京
・指先のマン・レイ展 一九九〇年六月大阪
・ピンナップ 一九九三年七月東京
・破壊されざるオブジェ 一九九三年一一月ニューヨーク
・マーガレット 一九九五年四月ロンドン
・我が愛しのマン・レイ展 一九九六年1一二月名古屋
・1929 一九九九年九月東京
・封印された星 一九九九年六月パリ
・パリ国立図書館 二〇〇ニ年一一月パリ
・まなざしの贈り物展 二〇〇四年六月東京
・肖像 二〇〇六年一一月ロンドン
・マン・レイ展のエフェメラ 二〇〇八年一二月京都
・天使ウルトビーズ 二〇一一年七月東京
・月夜の夜想由 二〇一二年七月東京
・あとがき

SOLD OUT

458 - 細江英公・笠井叡『透明迷宮』(サイン本)

平凡社 発行 2016年 30.5x23.4cm 80P

写真:細江英公
舞踏・文:笠井叡
※細江英公、笠井叡のサイン入り

世界を舞台に活躍するダンサー・振付家の笠井叡。その肉体と精神を駆使した舞踏を、巨匠・細江英公のカメラがとらえる。

6,800円/ 税込価格 7,344円

457 - 『山田脩二 日本旅 1961-2010』(サイン本)

平凡社 発行 2010年 A4変形版 192P

写真:山田脩二
編集:大崎紀夫
対談:篠山紀信×大崎紀夫

伝説の写真集『山田脩二 日本村 1969-79』から30年。
瓦師の写真家が、日本列島津々浦々を旅して撮った、
変わったようで変わらない愛すべき風情・風姿・風景と風土。
(本書帯より)

3,400円/ 税込価格 3,672円

456 - 植田実『集合住宅30講』

みすず書房 発行 2015年 21.5x15.5cm 280P

カラー写真146点
図版総点数203点

「集合住宅とは他の建築と比べて他人事ではない気持ちにさせる、そんな建築である」――1968年創刊の「都市住宅」から100巻をこえる「住まい学大系」まで半世紀近く建築誌・建築書の編集長を務めてきた著者が『アパートメント』『集合住宅物語』、共著『いえ 団地 まち』(日本建築学会著作賞)の後に刊行する集合住宅ものの総集編。ル・コルビュジエのユニテ・ダビタシオン、同潤会アパートメントほか訪ね歩いた19世紀末以降の内外の名作について、みずから撮影した写真を添え縦横に説き明かす。

4,200円/ 税込価格 4,536円

451 - 西村多美子写真集『猫が…』 サイン本

ZEN FOTO GALLERY 発行 2015年 24.0x19.2cm 64P

「見られているな」と感じて
肌寒い雨の夜、友だちが泊まり にやって来た。薄明かりの中に沈黙が漂い、頭の上からじわじわと重苦しい長い夜の予感がひろがりはじめる。なぜか真っ正面から友だちを凝視することに一種 のもどかしさ、うとましさ、いらだたしさを感じる。いつでも逃げ出せる。絶対にここではないと思い始めた時、不思議に私の内部で何かが溶解をはじめ、たと えば女の部屋に飼われた猫とか、台所に住みついた虫の視点に、ふと近づいたような気分がしてくる。

暗 闇の中で、または、まばゆい陽光の下で、突然「見られているな」と何かの視線を感じることがある。それは決して人間の視線だけとは限らない。得体のしれな い他者の視線が、私自身に、確かにまつわりついているのではないかと思い続ける。それは結局、自分で自分自身を見つめていること、私自身にこだわっている ことの逆説にほかならないのである。

私は、私が女であることを放棄 して写真を撮ったところで、それは私にとって何のリアリティも持たないと思う。それは、ことさら女を意識して写真を撮るという意味では決してなく、生まれ た時から男が男であるように、私が女であるということからしか、何も始まらないということだ。(西村多美子/『カメラ毎日』1970年8月号より)

5,000円/ 税込価格 5,400円

450 - 中藤毅彦写真集『STREET RAMBLER』

ギャラリー•ニエプス 発行 2015年 B4変形 192P

2016年1月にときの忘れもので個展を予定している中藤毅彦さんが第24回林忠彦賞を受賞されました。
<この度、写真集「STREET RAMBLER」によって、第24回林忠彦賞を頂きました!
林忠彦賞は、戦後写真界に大きな足跡を残した写真家・林忠彦の多彩な業績を記念して創設された写真賞です。
今回の受賞作は、この10数年の自分のストリートスナップの中から代表作をまとめた写真集で、この様に評価して頂けた事は大変嬉しく光栄に思います。
写真集を出版するに当たってお世話になったスタッフの皆様、細江先生を始め審査員の皆様、周南市美術博物館の関係者の皆様、そして故林忠彦先生に心より感謝申し上げます。>
(中藤毅彦さんのfacebookより)

※こちらの書籍の送料は別途540円かかります。

6,482円/ 税込価格 7,001円

435 - 西村多美子写真集『憧景』プリント付限定版 サイン本

グラフィカ 発行 2012年 27.7x22.8cm 142P

限定10部
作家直筆サイン、限定番号入り
※写真集の内容は通常版と同じです

モノクロ写真集
テキスト:西村多美子、平嶋彰彦
図版:88点
※サイン本

西村多美子の若き日(1970〜83年)の旅の記録。撮影地は1970年代初頭の北海道、東北への旅をはじめ、1983年までの北陸や関西、地元である東京も含まれている。

SOLD OUT

434 - 西村多美子写真集『しきしま』完全復刻版+付録2冊セット サイン本

禪フォトギャラリー 発行 2014年 28.5x21.7cm

限定700部
テキスト:西村多美子
復刻版:112ページ、付録36ページ
ソフトカバー
2冊1函入
※サイン本

西村が1969年〜72年に北海道、東北、北陸、関東、関西、中国地方を旅した時に撮影した写真。
1973年に東京写真専門学院出版局より発行された写真集『しきしま』の完全復刻版+付録(未発表写真18点収録)の2冊セットです。

お問合せ

433 - 西村多美子写真集『熱い風』 サイン本

蒼穹舎 発行 2005年 21.7x25.6cm 112P

モノクロ写真集
※サイン本

1973年の名作「しきしま」以来、32年の歳月を経て出版された西村多美子の第2作品集。
ポルトガル、キューバ、トルコ、スロヴェニア、フランス、オーストリア、ニュー・オーリンズ…
「初めての町に降り立ったとき、目の前に広がる風景より、まず光や風、町の空気を全身で感じ取る。そして歩き出す。」と、あとがきにある様に、この写真集には光と風と異国の空気がぎゅっと詰め込まれている。

お問合せ

432 - 西村多美子写真集『実存 1968-69状況劇場』 サイン本

グラフィカ 発行 2011年 26.0x18.2cm 104P

モノクロ写真集
テキスト:唐十郎(インタビュー)、麿赤兒、四谷シモン、大久保鷹、金森珍、大塚聡、堀切直人
※サイン本

西村多美子が1968-69年に、唐十郎率いる「状況劇場」の舞台を撮影したもの。
60年代末期、騒然とした変革へのエネルギーが社会に未だ蠢く時代に、肉体を投げ出した、赤裸々でスキャンダラスな状況劇場の役者たちの姿がざらついた銀粒子となり当時の熱気を伝える。

1,900円/ 税込価格 2,052円

431 - 西村多美子写真集『憧景』 サイン本

グラフィカ 発行 2012年 27.7x22.8cm 142P

モノクロ写真集
テキスト:西村多美子、平嶋彰彦
図版:88点
※サイン本

西村多美子の若き日(1970〜83年)の旅の記録。撮影地は1970年代初頭の北海道、東北への旅をはじめ、1983年までの北陸や関西、地元である東京も含まれている。

4,500円/ 税込価格 4,860円

418 - 光嶋裕介『建築武者修行―放課後のベルリン』

イースト・プレス 発行 2013年 18.8x13.0cm 352P

写真・スケッチ:光嶋裕介
ブックデザイン:鈴木成一デザイン室
※光嶋裕介のサイン入り

内田樹氏、推薦
旅の記憶について書くことのリスクは、一度書いてしまった言葉が書き手自身を呪縛して、経験の意味を固定化してしまうことにある。この書物はその陥穽をみごとに免れている。書き手である青年は、彼の旅の経験を一意的なものに還元することを自制し、経験から終わりなく意味を汲み出し続けようとしているからである。自己抑制と知的貪欲。その緊張のうちにこの本の文体の魅力は棲まっている。(内田樹 本書帯より)

旅の最中ぼくはずっと、建築の姿形ではなく、その形態の向こう側にあるものを見ようと必死だった。設計者として建築をつくり出すうえで、空間とは何かという根本的な問いに対する自分なりの考えが持ちたかったのだ。圧倒的に濃密な空間のなかで、設計者と架空の対話をするのは至福のときであった。そういう意味においてぼくは、コルビュジエとも、ガウディとも対話してきた。(光嶋裕介 本書あとがきより)

1,600円/ 税込価格 1,728円

416 - 『細江英公写真集 抱擁』サイン入り

細江英公 写真評論社 発行 1971年 36.4x26.3cm 88P

初版
テキスト:三島由紀夫、細江英公
細江英公の自筆サイン入り
函付き(シミ、ヤケ、凹みあり)
※中身に若干のシミがあります

30,000円/ 税込価格 32,400円

415 - 『写真家・細江英公の世界 球体写真二元論』 サイン本

青幻舎 発行 2006年 29.7x22.9cm 160P

「球体写真二元論・細江英公の世界」展
会期=2006年12月9日[土]―2007年1月28日[日]
東京都写真美術館

テキスト:
・金子隆一 細江英公私説―「写真」という磁場を求めて
・神保京子 細江英公―厳かなる祝宴
・ジョン・ウッド 細江英公の「Frisson Nouveau」
※細江英公のサイン入り

3,800円/ 税込価格 4,104円

413 - 『細江英公人間写真集 死の灰』

窓社 発行 2007年 29.8x22.7cm 118P

テキスト:M・S・スワミナタン、ロバート・ジェイ・リフトン、細江英公
デザイン:馬淵晃

ポンペイ〜アウシュビッツ〜トリニティ・サイト〜ヒロシマ 四つの都市をめぐる悲劇の根源的意味を問う。
―われらの死は天災によるものだから避けられない宿命にあった。しかし、現代の恐るべき核兵器は人間が作ったものだから、あなたがた現代人の不退転の決意と英知があれば避けることができる。」
わたくしはヒロシマ、ナガサキの死者の死骸とそっくりな形をしたポンペイの死者の石膏像から以上のようなメッセージをはっきりと聴き取ったのである。(細江英公)

3,800円/ 税込価格 4,104円

412 - 『細江英公人間写真集 原罪の行方 最後の無頼派ヨシダ・ヨシエ』 サイン本

窓社 発行 2008年 30.3x23.4cm 66P

テキスト:山口昌男、池田龍雄、細江英公
デザイン:馬淵晃
※細江英公、ヨシダ・ヨシエのサイン入り

3,400円/ 税込価格 3,672円

411 - 『「春本・浮世絵うつし」「鎌鼬」 屏風・掛軸 細江英公』展図録 サイン本

羽黒洞木村東介 発行 2006年 30.0x19.0cm 16P

「「春本・浮世絵うつし」「鎌鼬」 屏風・掛軸 細江英公」展
会期=2006年12月15日[金]―2007年1月28日[日]

限定900部
テキスト:ヨシダヨシエ、細江英公
デザイン:馬淵晃
※細江英公のサイン入り
※表紙は綴じ紐を外すと屏風のように置くことができます

お問合せ

410 - 細江英公写真集『鎌鼬』(普及版) サイン本

青幻社 発行 2009年 33.2x25.2cm

写真:細江英公
舞踏:土方巽
序文:瀧口修造
随筆:ドナルド・キーン
詩:三好豊一郎
鎌鼬讃:高橋睦郎
造本:田中一光
細江英公サイン入り

◆舞踏家・土方巽とのコラボレーションである「鎌鼬」のシリーズは、1965年に土方の故郷である秋田で撮影、1969年に写真集として刊行されました。翌年には芸術選奨文部大臣賞を受賞するなど、すでに代表作として高い評価を得ていますが、今回、未発表作品8点を加え、ドナルド・キーン氏の書き下ろしエッセイ「細江英公の写真」と高橋睦郎氏の「鎌鼬讃」を加えることで新たに「鎌鼬」に息を吹き込みました。また、この『鎌鼬 新装普及版』の装丁は、田中一光氏の最後の仕事になってしまいました。

お問合せ

405 - 『第23回 瑛九展』図録

ときの忘れもの 発行 2013年 25.6x18.1cm 24P

「第23回 瑛九展」
会期=2013年5月17日[金]―6月1日[土]

執筆:大谷省吾(東京国立近代美術館主任研究員)
図版:約30点掲載
編集:尾立麗子(ときの忘れもの)
デザイン:北澤敏彦(株式会社DIX-HOUSE)

瑛九の最初期(1936〜37年)のフォトデッサン、コラージュから最晩年の点描大作まで、油彩、水彩、素描、フォトデッサンなど30点を収録。

800円/ 税込価格 864円