カタログ:新着順

件ずつ

179 - 『美術の解剖学講義』

森村泰昌 平凡社 1996年 19.3×13.2cm 272P

初版第二刷 カバーあり(やや折れ) 帯あり(折れ)
マネやベラスケス、レンブラントらの作品を名画たらしめている意外な事実、美術における「真と偽」あるいは「よし悪し」、愛ある写真を撮るための「アーネスト・サトウの写真術」、そして21世紀の美術のゆくえとは…美術を面白味のないものと考える人のために、古今東西の名作に自分自身を侵入させる作品を発表しつづける著者がわかりやすくレクチャーする。

◆森村泰昌(もりむら やすまさ)
1951年大阪市生まれ。京都市立芸術大学美術学部卒業。1985年ゴッホに自ら扮したセルフ・ポートレート写真を発表、有名絵画の登場人物に扮する「美術史シリーズ」で脚光を浴びる。1988年ヴェネチア・ビエンナーレでアペルト部門に選ばれて注目を集め、海外の展覧会への出品、個展などを行うようになる。「女優シリーズ」「サイコボーグシリーズ」のほか「フェルメール」「フリーダ・カーロ」などのシリーズなどもあり、最近ではヴィデオ作品もも手がける。他にも、映画や芝居などで役者としても活躍している。

1,500円/ 税込価格 1,620円

178 - アントニ・ガウディとはだれか

磯崎新 王国社 2004年 19.5×13.7cm 208P

ガウディ建築は何故日本人に人気があるのか、かくも美しく過剰な造形はどうしてつくられたのか。磯崎新が自らのガウディ体験をもとに作品の真実に迫る。バルセロナ在住35年のガウディ研究家・丹下敏明との語り下ろしも収録。

初版 カバー・帯あり
◆磯崎新(いそざき あらた)
建築家。1931年大分市生まれ。54年東京大学卒業。61年東京大学数物系大学院建築学博士課程修了。63年磯崎新アトリエを設立。代表作に[大分県立中央図書館][岩田学園][福岡相互銀行本店][つくばセンタービル][MOCA―ロサンゼルス現代美術館][バルセロナ市オリンピック・スポーツホール][ティーム・ディズニー・ビルディング][山口県秋吉台国際芸術村][トリノ冬季五輪アイスホッケーメーン会場]他。近年は頻繁にアジアに出向き、多数のプロジェクトに参加している。日本建築学会賞、RIBA賞、朝日賞、ヴェネツィア・ビエンナーレ金獅子賞、他受賞。著書『空間へ』『建築の解体』『手法が』『栖十二』『建築家捜し』など多数。

1,800円/ 税込価格 1,944円

174 - 『詩画集 少年』

吉原英雄 松永伍一 現代版画センター 1977年 31×25cm ●●P

限定85部 詩・松永伍一 吉原英雄のリトグラフ3点、銅版3点入り 各作品に鉛筆サイン有り

お問合せ

173 - 『Q Ei photo〜dessin 新作発表展覧会目録』1950年

瑛九 1950年 18.2x13.0cm 12P

写真3枚貼り込み
テキスト:外山卯三郎 

瑛九生前の1950年、松坂屋で開催されたフォトデッサン新作展目録で、瑛九によるフォトデッサンの小さな複写写真が表紙を含め3点貼り込んであります。

SOLD OUT

172 - 『瑛九 フォート・デッサン展』出品目録(日本橋・高島屋)

瑛九 1955年 9.7x13.2cm 四つ折8P

図版:70点
(1936〜1954年にかけて制作されたフォト・デッサン70点の出品リスト掲載<出品番号、作品名、制作年>)
テキスト:海老原喜之助、瀧口修造、岡鹿之助

瑛九生前の1955年1月に日本橋・高島屋で開催された展覧会の目録

SOLD OUT

171 - 『瑛九遺作展』出品目録 1960年

瑛九 福井・瑛九会 発行 1960年 12.8x21.5cm 三つ折6P

図版:62点
(油絵、フォト・デッサン、リトグラフ、エッチング、水彩、デッサン)
テキスト:海老原喜之助、瀧口修造、山城隆一、泉茂
略歴

瑛九の没後わずか2ヶ月、1960年5月に木水育男らによって福井で開催された初めての遺作展(主催:瑛九会 会場:福井市・繊協ビル)の出品目録。

SOLD OUT

170 - 『瑛九作品展』図録

瑛九 南天子画廊 発行 1969年 23.4x16.9cm 10P

図版:21点(油彩、素描、フォト・デッサン、コラージュ、リトグラフ、銅版)
テキスト:池田満寿夫
年譜

1969年1月の南天子画廊(会場:文藝春秋画廊)主催『瑛九作品展』の図録

お問合せ

169 - 『瑛九とその周辺』展図録

瑛九 埼玉県立近代美術館 発行 1986年 24.0x25.1cm 128P

図版:146点
テキスト:久保貞次郎、瀬木慎一
出品作家:瑛九、靉嘔、池田満寿夫、泉茂、オノサト・トシノブ、長谷川三郎、早川良雄、細江英公、吉原英雄

埼玉県立近代美術館・宮崎県総合博物館・和歌山県立近代美術館で開催された回顧展図録
埼玉展:1986年6月14日〜8月3日
宮崎展:1986年9月6日〜9月28日
和歌山展:1986年10月4日〜10月27日

目次(抄):
・あいさつ
・瑛九とその周辺 久保貞次郎
・瑛九という画家 瀬木慎一
・図版
・出品目録
・年譜
・アルバム―瑛九とその周辺
・瑛九著述抄
・参考文献

3,000円/ 税込価格 3,240円

168 - 『瑛九 評伝と作品』

山田光春 青龍洞 1976年 22.4x16.2cm 480P

函無し
図版:123点

瑛九の盟友だった画家山田光春が全国をまわり資料・作品を蒐集調査、克明に瑛九の生涯を追った伝記。

目次(抄):
序章 大いに語ろう
第一章 萌芽期
第二章 展開期
第三章 彷徨期
第四章 再建期
第五章 解放期
第六章 開花期
第七章 結実期
終章 ちょっと隠れていたのだよ
・瑛九略年譜
・瑛九関係文献
・瑛九作品集(一)…作品28点
・瑛九作品集(二)…作品32点
・瑛九作品集(三)…作品32点
・瑛九作品集(四)…作品31点

お問合せ

167 - 『現代美術の父 瑛九』展図録 銅版入り特装版・限定150部

瑛九 瑛九展開催委員会 発行 1979年 24.0x25.0cm 132P

図版:177点
テキスト:瀧口修造、久保貞次郎、木水育男

新宿・小田急で開催された回顧展図録
1979年6月8日〜6月20日 小田急新宿店小田急グランドギャラリー
 
※銅版(後刷り)1点入り・特装限定150部 スタンプサインあり

「木陰」
1953年 エッチング
限定150部 他にエプルーフ50部
刷り:林グラフィックプレス

この瑛九のオリジナル銅版画は、1979年6月に開催された瑛九展記念カタログ特製版のために刊行されたものです。
用紙はアルシュ、作品には限定番号およびサイン入り(瑛九の自筆サインを印に代行したもの)。
作品右下には今回つくられたQ Eiのエンボスが印されています。

12,000円/ 税込価格 12,960円

166 - 『現代美術の父 瑛九』展図録 普及版

瑛九 瑛九展開催委員会 発行 1979年 24.0x25.0cm 132P

図版:177点
テキスト:瀧口修造、久保貞次郎、木水育男

新宿・小田急で開催された回顧展図録
1979年6月8日〜6月20日 小田急新宿店小田急グランドギャラリー

4,000円/ 税込価格 4,320円

164 - 『風間完銅版画集 パリ時代 街』

風間完 現代版画センター

銅版画11点組 限定75部 特製化粧函入り
◆風間完銅版画集『パリ時代』全3巻は、1957年58年のパリ留学時、及び1967年の再渡仏の折、パリのフリードランデル版画研究所にて制作されたエッチング作品を、本画集のために新たに手を加え、さらに1978年に制作された新作3点を加えて全33点を全3巻に編集し、各巻11点組のオリジナル銅版画集として、1978年〜79年にかけて現代版画センターから限定75部刊行したものです。

1953年(昭和28)朝日新聞の夕刊に連載された小説、邦枝完二『恋あやめ』の挿絵を手がけて以来、挿絵画家として一時代を画した風間完ですが、既に名声を博していたにもかかわらず1957年にパリに留学し、グランド・ショーミエール研究所に2年間在籍し、銅版画を学んだことを知る人は少ないでしょう。ちょうど同じ時期、菅井汲や、野見山暁治もパリに渡っています。その後の活躍は皆さんご存知の通り。私の世代なら五木寛之「青春の門」の挿絵を思い出すでしょう。

目次と奥付
作品に捺された風間完のネーム(エンボス)。奥付に作者自筆のサインを入れ、各作品にはサインにかえて作者デザインによるネーム・プレスが捺された。

お問合せ

163 - 『風間完銅版画集 パリ時代 道』

風間完 現代版画センター 39×29cm

銅版画11点組 限定75部 特製化粧函入り
◆風間完銅版画集『パリ時代』全3巻は、1957年58年のパリ留学時、及び1967年の再渡仏の折、パリのフリードランデル版画研究所にて制作されたエッチング作品を、本画集のために新たに手を加え、さらに1978年に制作された新作3点を加えて全33点を全3巻に編集し、各巻11点組のオリジナル銅版画集として、1978年〜79年にかけて現代版画センターから限定75部刊行したものです。

目次と奥付
作品に捺された風間完のネーム(エンボス)。奥付に作者自筆のサインを入れ、各作品にはサインにかえて作者デザインによるネーム・プレスが捺された。

お問合せ

162 - 『風間完銅版画集 パリ時代 河』

風間完 現代版画センター 39×29cm

銅版画11点組 限定75部 特製化粧函入り
◆風間完銅版画集『パリ時代』全3巻は、1957年58年のパリ留学時、及び1967年の再渡仏の折、パリのフリードランデル版画研究所にて制作されたエッチング作品を、本画集のために新たに手を加え、さらに1978年に制作された新作3点を加えて全33点を全3巻に編集し、各巻11点組のオリジナル銅版画集として、1978年〜79年にかけて現代版画センターから限定75部刊行したものです。

目次と奥付
作品に捺された風間完のネーム(エンボス)。奥付に作者自筆のサインを入れ、各作品にはサインにかえて作者デザインによるネーム・プレスが捺された。

お問合せ

161 - 『アラン・ボヌフォワ FEMMES』

アラン・ボヌフォワ 1988年

番号      080712-46
詩       ピエール・ペレ
画       アラン・ボヌフォワ
作品名    「FEMMES」
制作年    1988年
技法      リトグラフ・水彩
作品サイズ  39.0x29.3x8.5
限定      310部
サイン     自筆サインあり
作品の状態   箱入り。リト15点(カバー含む)、水彩1点、CD入り。カバー角にわずかな破れ。

お問合せ

160 - 『宮脇愛子銅版画集 1980』

宮脇愛子 現代版画センター 1980年

序文:辻邦生 銅版画6点組(刷り:プリントハウスOM)
シートサイズ:45.0×32.5cm  限定50部 各作品に鉛筆サイン
「作品機廖‘屡如6.7×13.4cm Ed.50  Signed
「作品供廖‘屡如9.3×9.3cm Ed.50  Signed
「作品掘廖‘屡如9.4×10.4cm Ed.50  Signed
「作品検廖‘屡如9.2×11.0cm Ed.50  Signed
「作品后廖‘屡如15.1×18.1cm Ed.50  Signed
「作品此廖‘屡如29.8×12.3cm Ed.50  Signed

◆宮脇愛子(みやわき あいこ)は1929年生まれ。●●●

お問合せ

159 - 『讃歌―美に殉じた人びとへ』サイン本

松永伍一 玲風書房 2006年 19.7×15.8cm(A5変形判) 286P

カラー図版16点 ペンサイン、印 巻末に収録画家の略歴
◆取り上げられている作家/青木繁、坂本繁二郎、関根正二、村山槐多、古賀春江、竹久夢二、佐伯祐三、永瀬義郎、田中恭吉、藤森静雄、長谷川利行、靉光、難波田史男、平野遼、斎藤真一、篠原道生

◆松永伍一(まつなが ごいち) 1930年福岡県生まれ。1957年に上京して以来、文学組織には所属せず執筆活動を続ける。『日本農民詩史』全五巻により毎日出版文化賞特別賞受賞。また絵の個展を20回以上開催している他、文学・民族・美術・宗教など広範囲な評論で知られている。特に子守唄、農民史、キリシタン、古代ガラスの研究家としても著名。著作は約150冊以上。2008年3月3日死去。

2,200円/ 税込価格 2,376円

158 - 『実在への飛翔』

オノサト・トシノブ 叢文社 1978年 29.5×22.7cm 139P

編者:久保貞次郎 掲載図版:35点(うちカラー4点)
*オノサト・トシノブが、1935年から1978年までの間に「みづゑ」「自由美術」「芸術新潮」「美術手帖」などに発表した美術論・芸術論、また瑛九についてなどの45篇の文章を収録。

◆オノサト・トシノブ(おのさと としのぶ)は、1912年長野県生まれ、本名・小野里利信。
10歳のとき群馬県桐生に移り住む。津田青楓洋画塾に学ぶ。日本の抽象美術の先駆者として、親友の瑛九らとともに戦前、戦後と前衛美術の道を歩み続けた。35年黒色洋画展を結成、38年には自由美術家協会会員となる(〜56年、以後無所属)。41年に一兵卒として出征、戦後のシベリア抑留を経て48年に帰国。64年、66年にはヴェネツィア・ビエンナーに日本代表として出品、国際的にも高い評価を獲得した。
油彩の他、約200点の版画作品(リトグラフ、シルクスクリーン)も残した。東京国立近代美術館など多くの美術館に作品が収蔵されている。生涯、円を描き続け86年死去。

3,000円/ 税込価格 3,240円

157 - 『ヘンリー・ミラー絵の世界 特装版』限定220部

ヘンリー・ミラー 叢文社 1980年 29.6×22.8cm 137P

編集:久保貞次郎、荒地かおる  収録図版:カラー26点、モノクロ48点
テキスト:大江健三郎、福沢一郎、久保貞次郎
天、小口に経年の少シミありますが、図版は良好です。

挿入の版画作品 「淋しい婦人」
制作年    1968年
技法      シルク・スクリーン
作品サイズ  28.5×23cm(イメージ)
限定 220部  ペンによる自筆サイン、年記あり

挿入された版画作品は、数奇な運命を辿った。もともとは久保貞次郎(町田市立国際版画美術館初代館長、戦後を代表する大コレクター)により1968年にある画集のために制作された作品だったが、画集の出版が頓挫してしまい、作品だけが完成した。翌年、ヘンリー・ミラーが署名(サイン)したので年記が1969年となっている。このときヘンリー・ミラーの水彩をシルクスクリーンの版下に起こしたのは若き日の池田満寿夫である。いかにも自由奔放なミラーらしいのびやかな線と自由な色彩が印象的な作品である。その後、この作品は長い眠りを経て、1980年に叢文社から出版されたこの「ヘンリー・ミラー絵の世界」特装版に挿入された。

◆ヘンリー・ミラー Henry Miller(1891-1980)は、「北回帰線」(1934)「南回帰線」(1938)などで知られるアメリカの作家。自伝的であからさまな性描写が多かった両「回帰線」はアメリカ国内では1960年代まで発禁となっていたが、アメリカで最も広く読まれている作家となった。彼の描く水彩画や版画も高く評価されており、日本でもファンが多く展覧会が開催され、画集も出版されている。

20,000円/ 税込価格 21,600円

156 - 欠番

久保貞次郎 ●●年 ●● ●●P

概ね良好、経年のため多少のヤケ、スレ、汚れ等が有ります
*久保貞次郎著作集の第8巻

◆町田市立国際版画美術館初代館長、跡見女子短大学長などを歴任した久保貞次郎は戦後を代表する大コレクターだった。美術評論家としても膨大な著作を残したが、その著作集の中の「ヘンリー・ミラー」は文豪の画家としての側面に光りをあてた労作である。ヘンリー・ミラーの版画のレゾネにもなっている。

800円/ 税込価格 864円